母乳で育児


■母乳の成分

母乳には、栄養価も高く

赤ちゃんが消化しやすい

たんぱく質・赤ちゃんに

とって主要なエネルギー源の

脂肪・カルシウムの吸収を助けたり

ビフィズス菌の成長を促す乳糖・

赤ちゃんの体の働きに合わせ

ふさわしいバランスを保つ

ビタミンやミネラルなど100以上もの

栄養素がちょうど

良い濃度で含まれている

「理想の栄養」です。

たんぱく質濃度はママが食べる

ものによって変化する事は

ありませんが脂肪はママの食事に

影響されるため授乳のたびに

変化し、また1回の授乳でも

最初と最後とでは全く異なり

飲み始めは赤ちゃんのお腹が

もたれないように脂肪濃度の

低いものが、次第に高いものが

出てくる仕組みとなっています。

脳の成長に必要な長鎖脂肪酸

(DHAやアラキドン酸など)が

含まれているのも特徴です。



mama専用相談掲示板


(C)母乳で育児